*hanamericafe*

hanamerica.exblog.jp
ブログトップ

Long Time No See...

気づけば、もう2011年も半分が過ぎようとしています!
そして、これが2011年初めての日記・・・。
たまにぶつぶつ呟いてはいたものの、きちんと日記を書いていませんでした。
すみません。

なんか、こうも久々になると、緊張してしまいます。なぜか。
考えては止め、考えては止めの繰り返しでした。
ですが、今日、書きます。長くなるので、時間があるときにどうぞ・・・。



2011年始めは、オーディションの日々でした。
昨年準備不足による敗北を期した大学院のオーディション。
なので、今年はきちんと調べ、自分なりに悩み、決めた3つの学校を受けました。
今年は、ボストン(マサチューセッツ州)、ミネアポリス(ミネソタ州)、そしてメンフィス(テネシー州)
へ行きました。

一度経験していることもあり、緊張したり、自分の力を出し切れなかったなと思ったこともありましたが、
納得した形で終えることができました。
私は旅の運がいいのか、旅先では毎回良い出会いがたくさんあり、一人で旅する心細さで始まっても、
友達が増えて幸せな気持ちで帰ってこられて、それがオーディションの楽しみにもなりました。
いろいろ助けてくれた方達に心から感謝しています!

それが終わると、自分のアメリカ滞在許可が切れるギリギリになってしまったので、
急いで身支度をして日本に帰ってきました。



そして、成田にもうすぐ着陸する、というその時、あの地震が起きました。
その時は何が起こったのかさっぱり分からず、ただ、戸惑いました。
緊急に名古屋へ飛び、電話はつながらず、ホテルは見つからず。
そこで、やっとただ事じゃないなと思いました。
機内で知り合った日本語を話せないアメリカ人2人を引き連れ、やっと駆け込んだ漫画喫茶で
事態の大きさを目の当たりにし、本当に言葉が出ませんでした・・・。

やっと妹と連絡が取れ、親の無事が確認できた時は、本当にホッとしました。
私は、本当に幸運なことに、家族も親戚も、友達も全員無事でした。

帰宅後、自分も通訳のボランティアなど自分にできることをしたい、と意気込んでいたのですが、
実際、ボランティアをするにもお金が必要で、自分で何もかも準備ができていないと
相手に迷惑をかけるだけだということが分かり、自分の無力さを痛感しました。
今は、ある非営利団体のブログの翻訳のお手伝いをしていますが、
本当に微々たる募金と少しのことしかできていない自分が、未だにもどかしいです。

今まで家族と遠く離れていた期間が長かった分、今こうして側にいられること、
無事に命、家、食べ物などがあること、いくら感謝してもしきれません。
停電などもありましたが、被害に遭われた人たちのことを考えたら、
それくらい苦労のうちにも入らないなと思います。

命がこうしてあること、運命だし、みんな生かされているんだなって思いました。
一日一日、限りある資源を今まで以上に大切に、一生懸命に生きていかないといけないって思います。
自分にできること、何がいいのか分かりませんが、探し続けていきたいです。


そして、つい最近、また二週間程アメリカへ戻っていました。

南カリフォルニアマリンバコンクールに参加するためです。
録音での一次審査に通り、二次からは実際の演奏で審査されるのですが、緊張しました。
デュオとしての参加だったので、一人でなかった分、心強い反面、一週間程しか
二人で合わせられなかったので、余計に不安でもありました。

結果は、自分達なりにベストを尽くしましたが、決勝へは進めませんでした。
後で一人の審査員の先生に話を聞き、こんなことまで気にしなきゃいけないんだ、
ってことまでいろいろ指摘されました。
良い意味でも悪い意味でも、コンクールの実情を学べて、とても良い経験になったと思っています。
私もパートナーも、まだまだ勉強と練習が足りないと実感しました。


今回の震災で、音楽をやっている自分が、これで良いのかなとも思いました。
音楽って、直接人を助けることができません。
家があって、ご飯があって、仕事があって、それでこそのエンターテイメントだと思うからです。
確かに、演奏で心が癒されるということがあるかもしれませんが、まだまだそんな余裕の無い人が
たくさんだと思います。
だから、このまま自分のやりたいことを突き進めていっていいのか・・・ちょっと悩んでしまいました。
自分のことしか考えていないような気がしてしまって。

でも、ここまで頑張ってきたし、今まで応援して、支えてくれた人たちのためにも、
やれるところまでやってみようと思いました。
その過程で、もしも私ができることで被災された方達を少しでも癒す事ができたなら、
一番幸せだなって思います。
そして、そうできる日が一日でも早く来るよう、頑張らなければ!


そんなこんなで、また、秋から学生に戻ります。
今回は、受けた学校には全て受け入れてもらうことができました!びっくりです。
三校三様、全て条件が違い、良い所も悪い所もあり、かなーーり悩みましたが、
学費免除と生活費を少し出してもらえる学校にお世話になることにしました。
The University of Memphis (メンフィス大学)です。

今までアメリカ北西部の心地よさに甘えていましたが、今度は全く違う南部です。
ハッキリ言って、オーディションで行ったときは良い印象がありませんでしたが、
先生はとても良い人だったし、私を必要としてくれているようなので、きっと住めば都、
となるんじゃないかな?と思っています。
不安ですが。

他の学校を受けず、大学院にも元々あまり行く気がなかった彼も、その学校に受かったので、
一緒に行くことになりました。
なので、結果オーライ?です!


最近コンクールが終わってかなりたるんでいるので、気合いを入れ直します!
今まであまり連絡していませんでしたが、今は暇人ですので、お時間がある方は遊んでやってくださいなー。
短期で良い仕事知ってる方もご連絡ください!(笑)
[PR]
by hanamericana | 2011-06-12 23:10 | american life