*hanamericafe*

hanamerica.exblog.jp
ブログトップ

<   2004年 12月 ( 13 )   > この月の画像一覧

What We Can Do Now

死者約7万7千人に スマトラ沖地震

今日、このニュースを読んだ後何気なくamazon.comのページを開いたら、American Red Cross(赤十字)の募金募集のお知らせが出ていた。

地震と津波が起きてから、日々死者と被害者の数が増え続けている。ニュースを見ては、何もできない自分に心が痛むばかりで辛かったけど、これを見て、今私ができることをしたほうがいいと思い、少しだけでも自分のお金を寄付しようと思った。

自分にも余裕がないから本当に少しだけど、役に立ってくれたらいいなと願うばかり。

これを読んで自分も・・・っていう人がいてくれたら、もう少し自分が役に立てる気がすると思って書いてみた。
今私たちにできること、一人一人が少しでも実行すれば、大きな助けとなって被災地に届くはずだと信じている。
[PR]
by hanamericana | 2004-12-30 09:33 | american life

Addicted to 24!!

この冬休みの一つの目標?というかやりたいこととして、夏にシーズン1を観てハマったテレビドラマシリーズの『24』のシーズン2と3を観終えることが一つにあった。

で、せっかくならば友達と観たいと思い、友達と二人でBlockbasterのUnlimited Passを買い、DVDを借りまくることにした。でも友達は1を観た事がなかったので、私も復習がてら付き合い、観はじめた。二度目でストーリーが分かっていても、やっぱりハラハラした。すごいなと思う。友達も見事にハマり、深夜や朝までかかってDVDを観て、睡眠の取り方がおかしくなり、私は風邪をひいてしまったくらいだ。

やっとシーズン2を観はじめ、期待を裏切らないハラハラ、ドキドキにすっかりハマり、シーズン1よりも過激で予測のつかない展開に二人でキャーキャー言いながら途中まで観ていた。
次どうなるの、あのキャラクター怖い、などと盛り上がっていたのだが、友達が旅に出かけて途中から一緒に観られなくなってしまった。帰って来るまで4日ある。帰って来るまで待とうかどうしようか迷ったけど、続きが気になるほうが我慢できなかった。怖いけど、続きを一人で観る事にした。

いろいろ忙しくて一気に観れなかったのだが、昨日ついに最後の2本、8話分を一気に観た。本当に息もつかせぬ展開とはこのことだ。常にハラハラさせられ、時に感動して泣かされ、裏切りに悲しまされ、本当にあっという間に時が過ぎた。気付いたら朝の4時・・・。それから寝て、今日起きたら昼過ぎだった・・・。

主人公のジャックは相変わらずヤバイ程強くてかっこいいし、パーマー大統領は勇敢で正義感に溢れているし、シェリー(大統領の元妻)は怖いし、新しい敵は出て来るし、いい人や重要な人がいっぱい死んじゃうし・・・。とにかくいろんなことがありすぎて書けないけど、本当に面白い!!これを観て面白くないっていう人いるんだろうか??いたら会ってみたいもんだ。・・・きっと友達にはなれないだろうと思う(笑)。

あとシーズン3が残っている。早く観たいような、怖いような・・・。でもシーズン4が1月から始まると知った以上、観ないわけにはいかない!あ〜、早く友達帰って来ないかな。
2004年は24に終わり、2005年は24に始まりそうです。
[PR]
by hanamericana | 2004-12-29 15:03 | american life

It Happens Suddenly

<スマトラ地震>日本人20人死亡情報 津波アフリカにも

昨夜インターネットでニュースを見て、びっくりした。
インドネシア沖での大地震。今またニュースを見てみたところ、死者は13000人を超えているらしい。行方不明者も多数。映像を見ていないからハッキリ分からないけど、この数字だけでもよっぽどすごい地震だったということが分かる。遥か3000キロ以上も離れているアフリカ大陸にも津波が来たらしい。

こういった天災は、本当に予期せず起こる。運命だと言ってしまえばそれまでだけど、やっぱりどうにか防げないものかと思ってしまう。
いつ自分にもこういう大きな災害が降り掛かるとも分からない。最低限の備えをしなきゃいけないなと思った。

新潟中越地震が起こったときやイラク戦争のニュースを目にする度にそう思うけど、自分が暖かい場所でお腹いっぱいのご飯を食べて好きなことをしている一方、本当に大勢の人がけがをしたり、家族や友人を亡くして苦しんでいると思うとすごく胸が痛む。実際助けたいと思っても何もできない自分が本当にもどかしい・・・。
かといってその事をずっと考えて暗い気持ちでいるわけにもいかないんだけど・・・。

いつかこういう時になんらかの形で力になれるような人間になりたい。
今でももしかしたら何か力になれることがあるのかもしれないけど。
自分にもっと余裕ができないと、人を助けることって難しい。
それをまた深く実感したニュースだった。

どうか行方不明の人たちが無事に見つかり、街が一日でも早く復活できますように。
[PR]
by hanamericana | 2004-12-27 16:54 | my mind

Unforgettable Christmas

今年のクリスマスは、なかなかヘビーだった。

昨日のクリスマスイブは、おだやかに終わると思っていた。
家でご飯を作り、私と友達がかなりハマっている『24』を家で観まくって
終わるはずだった。
が、しかし。
友達との買い物の途中で、事故に遭ったのだ。
本当に事故というのは思わぬ形で起こるもの・・・

私は何も悪くなかった。本当に。
ただ、左折するために、真ん中の車線でタイミングを待っていただけなのに・・・
前の車がいきなり、かなりの勢いでバックしてきたのだ。
もちろん途中で止まるもんだと思っていたら、そうではなく、まだ進んで来る。
気付いたときには遅かった。

「え、なになに?!え??!」
あぁ、私もバックしようか、でも、それも周りに車が走ってるから危ないし、
どうしよう??!
と一瞬で頭をフル回転させたのもつかの間、判断をする前にドカン。
私と友達は呆然とした。「どういうこと?!ありえない・・・」

おっさんはなんだかふらふらしてた。酔っぱらってるかも。
もしかしたら、ヤクをやってるのかもしれない・・・
でも、ここで引き下がるわけにはいかない。だってこっちは悪くないんだもん。
で、とりあえずそこではどうにもならないので、隣のマックの駐車場に移動。

そこで車を降りて、初めて自分の車を外から見た。
そしたら、見事に壊れてた。前のカバーがぽろりと・・・。
でも、私の車のほうが大きかったので、まだマシだった。
おっさんの車はベコベコで、トランクも空かねぇだろうっつーくらいにへこんでいた。

おっさんはこっちに近寄って来て、申し訳なさそうに謝って来た。
「すまない。前の車が動いてきたから、方向を変えようと思ってバックしたら、君が見えてなくて・・・この車もおかしいし」
とか何とか言って言い訳してた。
でも、許すわけにはいかない。当然だ。
私もけっこう動揺してたけど、とりあえず免許と保険の証明を見せてもらい、書き取った。

でも、実際事故に遭ってみると、どういう手順を踏んだらいいのかがさっぱり分からない。
その後どうしたらいいのか分からなくなった。
警察を呼ぶべきなのかどうか迷った・・・でも、そのおっさんは謝りながら
「自分でどうにかできるから。ちゃんとやるから」
と言っている。で、結局、クリスマスイブでこれ以上面倒なことになって
時間がかかるのも嫌だしと思って、
「じゃあ、ちゃんと必ず連絡して下さいね」と言って、おっさんを信用することにした。
今考えれば、それでも呼ぶべきだったんだろうな・・・と思うんだけど・・・

とりあえずこっちには友達という証人もいるし、向こうの免許証も名前も
住所も番号も控えてあるし、大丈夫だろうと思うけど、やっぱり心配。
はぁ・・・。なんてツイてないんだろう。私って人よりこういうことが多い気がするのは
気のせいか?!

とりあえず、友達とポジティブに「休み中で良かったよね、ファイナル前とかだったら最悪だったよ」と考え、落ち着くことにはしたけど・・・。
これから修理したり、保険会社や相手と連絡を取らないといけないかと思うと気が重い。
自分が気をつけていても、事故が起きるときは起きてしまうものだと実感。
昨日はクリスマスイブでかなり人出が多く(クリスマスは店がほとんど閉まるため)、車も多かったからきっと私だけじゃなく事故に遭った人は多いんだろうなと思う。

師走、やはりあなどれん・・・。

その後は気を取り直して?家でご飯(釜飯&みそ汁&ほうれん草とマッシュルームのバター炒め)を食べ、『24』の第二シーズンを観た。
いや、始めっからこれかよ?!ヤバい!!というくらい、すごい展開めじろ押し。
これからが心配・・・と思いながら2本、8話を一気に観た。
そして深夜、二人であーでもないこーでもないと推理しながら寝た。

そして、クリスマスの朝。
一度友達を送って戻って来てシャワーを浴びて、また合流。
早速『24』の続きを観た。いろいろありすぎて心臓が追い付かない。まったくすごい。
そして、今回は前よりもかなり泣ける・・・。
パーマー大統領がジャック(主人公)を犠牲にしなければならないかもしれないという
判断を下すシーンで、ぼろぼろ泣いてしまった。
あと、ジョージが息子に自分はもうすぐ死ぬと告げて、ハグするシーン・・・。
あぁ、まだ3本しか観てないというのにこんなに大変だなんて、
これからどうなってしまうんだろう・・・。

その後は二人でクリスマスディナー。
物語のドキドキが収まらないまま、料理開始。
メニューは盛りだくさんで、鳥の唐揚げ、チーズ餃子、ピザ、ケーキ。
もちろん全部手作り。材料もけっこうお金をかけていろいろ買ったので、かなり豪華。
ピザにはトマト、ハム、チーズのベーシックな物の他に、サーモン、エビ、マッシュルームをた〜っぷりのっけて焼いた。
チーズ餃子も、ハムやサーモンを一緒に包んでみた。
ケーキは型がなかったから、大きめの入れ物に生地を入れて2回焼いてみた。

そしてそして、ついに完成!!
写真を撮って、やっと「いただきま〜す!!」
・・・これがおいしくないはずがない。かんな〜〜〜りうまかった。
全部うまいけど、とくにサーモンがやばかった。ピザ、餃子、かなりイケる。
そしてもちろんたらふく食べた。でも、二人だからまだまだ余る。
かなり満足だった。幸せ・・・。やっぱり手作りが一番と実感。
自炊は重要だ。

そんなこんなで、今に至る。
友達は明日からオレゴンへ旅立つので、しばらく一人で『24』鑑賞になりそう。
部屋の掃除も終わらせて、前の学期のノートの整理やら
アクセサリー作りやら、メールの返信もしないと・・・。やることいっぱいだ。
なんだかんだシアトルに残っていても、あっという間に冬休みは終わってしまうなぁ。

さっきは日本にいる友達とチャットできて、嬉しかった。
でも、自分が来年厄年だと知る・・・。ヤバい。気を引き締めねば。
そして、年女。気付いてなかった・・・。もうそんな年だなんて。
とにかく、きちんとしっかりした24歳になれるように頑張っていかねばならんと思った。

ちなみに、去年はロングビューでホストの実家にいたから気付かなかったけど、
クリスマスの街は本当にびっくりするくらい誰もいない。
家の周りの車も全然なくって寂しかった。
でも、グリーンレイクをジョギングしてる人はまだけっこういた。
クリスマスに、しかもけっこう雨降ってるのに・・・。すごいなぁ。もうある意味病気なんだろうな。私にはできない・・・。

とにかく、忘れがたいいろんなことがあった2004年のクリスマスだった。
家族友達みんな、ステキなクリスマスが過ごせましたように・・・。
メリークリスマス!
そして、2004年ラストスパート、頑張ろう!
[PR]
by hanamericana | 2004-12-26 17:31 | american life

Cold...

不覚ながら、風邪をひいた。
今年は(というか9月以降)風邪を引かずに学校生活を終えて、やったぞ!と思ってたのに。

終わって遊びすぎてあんまり寝てないのが(というか明らかにビデオを寝ずに見たりしてるせいだと思うんだけど・・・)原因だろう。
なので昨日から調子が悪くだるだる。大したことができず。
ちゃんと薬は飲んでるから、良くなってくれると信じよう。

また明日早く起きなきゃいけないし、今日は早く寝ようかな。
友達に『猟奇的な彼女』のDVDを借りたから観たかったけど・・・
ちょっと悩む。

ちょっとの風邪でも思うけど、やっぱり人間健康が一番。
普段から体調管理をしっかりして、丈夫な体を作らないといかんと再確認。
しっかり野菜を食べて、運動せねば!!
[PR]
by hanamericana | 2004-12-22 16:27 | american life

Happy Moment

もう昨日の話だけれど、とても幸せを感じた。
三年以上振りに元ルームメイトである友達とその家族に再会したのだ。

朝から一人車を走らせ、ワシントン州の真ん中あたりにあるYakimaへ向かった。
その距離160マイル、走行時間2時間40分。
なかなか一人だと大変だけど(途中霧の中で何も見えず怖かった)、でも楽しかった。

Yakimaはインディアンの街。特に友達が住んでいるWapatoという地域はメキシコからの移民がとっても多く(多分ほとんど)、見る人はほとんどメキシカンだ。
久しぶりに見る風景、町並みだったけど、あまり変わってなかった。
ちょっと迷って家がどこだったか分からなくなっちゃったけど、家を見た瞬間にこれだ!とすぐに分かった。そしたら友達は家から出て来て迎えてくれた。
そして、感動の再会のハグ!!嬉しかった。彼女はほとんど全く変わってなかった。

家の中も覚えている。何も変わってなくてすごく懐かしかった。
変わったことと言えば、彼女の小さい弟が少し大きくなって「男の子」になったなぁと思った。
相変わらずすごくかわいいけど・・・。ちゃんと私のことを覚えていてくれて、嬉しかった。

彼女のお母さんは理容師をしていて、前は自宅で切っていたんだけど、今はなんと自分のサロンを持っているらしい。早速見せてもらった。お母さんは彼女の弟(大きい方)の髪を切っていた。けっこう広いサロンでびっくり。なのに一人で切り盛りしているみたい。すごい!
彼女もそれが自慢らしく、とても嬉しそうだった。
そしてそこで私の大好きな彼女のお父さんとも再会。相変わらず愛くるしい笑顔で嬉しい!

しばらくサロンを見学して、彼女といろんなことを話した。ずっと連絡を取ってなかったので、お互いのことを知るのは楽しかった。もうすぐ卒業なのかと思っていたら、来年の冬にメキシコ(出身地)へ留学するらしい。素敵!!私はもちろんメキシコにも行ってみたいので、彼女がメキシコにいる間に訪ねられたらいいなと思う。すばらしい!その話をしたら、家族はみんな来年の冬(クリスマスあたり)にメキシコへ行くらしい。「一緒に来る?」と誘ってくれた。もしできるならとっても助かる。でも家族団欒の邪魔かな。どっちにしろ、訪ねていける友達がいるっていうことはありがたい。その後はお父さんにメキシコの話をいろいろとしてもらった。多分一人で行くのは危ない。「メキシコ人ですらメキシコシティーは危ないと思う」と言っていた。でも、海岸地域や観光地は危ないことはなく、いい場所ばかりだって。
う〜ん、来年の冬、メキシコ・・・行けたらいいなぁ!!夢は膨らむ。

なんか話していてもあんまりすごい久しぶりっていう感じがなくて、違和感がなかった。不思議。とても楽しかった。昔より英語が少しはマシになった証拠かな?だといいんだけど。
家でしばらく話した後お母さんが仕事を終えて帰ってきたので、みんなでピザを食べに行った。前に遊びに来たときも一緒にここでピザを食べた。懐かしかった。
彼女も、彼女の家族もいつ遊びに来てもとっても優しく、自分の家族のように接してくれる。それがとても嬉しい。三年以上経った今でもこうして暖かく迎えてくれて、本当に幸せを感じた。

最後にみんなで写真を撮って、ハグをしてお別れ。お母さんがなんとサンタのお人形をくれた。歌って動くヤツ。かわいい!! 「これを見てあなたが喜ぶと思って」と言ってくれた。嬉しかった。本当にありがとう!!
また遊びに来よう!!と誓ってYakimaを出発。暗くて景色がなくてつまらなかったけど、その分音楽に合わせてひとり大熱唱しながら帰った。

帰りに友達の家に寄ってご飯をいただき、ビリヤード対決。私はいつも入れれる時はマグレなんだけど、今日はかなり上手い友達にちゃんとした打ち方を教わったので、これから上達できるかな??という感じ。いやぁ、ビリヤードは面白い。これからもちょいちょい続けていってうまくなりたいなぁ。

そんなこんなで一日が終わり、また寝るのが遅くなった。
で、今日は早く起きないといけなかったのにまた寝坊・・・。なおかつ、風邪をひいたみたいで喉が痛いし、熱っぽい。今日こそは早く寝ないと・・・。悪いくせだ。
でもこんな時に風邪なんてひいてられない!せっかくの休みなんだし、元気に遊ばないとね。
てなわけで、おやすみなさ〜い。
[PR]
by hanamericana | 2004-12-21 15:58 | american life

Crazy Sleeping

学校が終わってまともな生活になるかと思いきや・・・それどころか
ここんとこ自分のベッドでまともに寝ていることのほうが少ない。
どうしたことか・・・

でも、まぁ、こんな風にして遊んでられるのも今のうちなんだよなぁ。
・・・と、言い訳がましく、自分に言い聞かせるように言ってみる。

結局数えてみれば冬休みは短いもので、あと丸二週間しかない。
旅行しないからやりたいことたくさんできるかと思ってたけど、そううまくもいかなそうだ。
でも、できる限りのことはしないとね。とにもかくにも部屋の掃除だけは・・・

いろいろ書きたいことはたくさんあるのに、なかなか書き込む時間がない。
またゆっくり書きます!
[PR]
by hanamericana | 2004-12-19 18:23 | american life

I'm Finally Done!!

やーーっと学校が終わった!!
感無量。
最後がテストじゃなかったから、あんまり「終わったぞ!」っていう実感がないけど・・・。
でも、嬉しい!

しかし睡眠の取り方がここんとこおかしかったのと、昨夜布団をかけずに寝てしまったおかげで体の調子がちょっとおかしい。熱っぽい。そしてすごい疲れている。
なので、今日は遊びたかったけど止めてしまった。ごめんなさい。

いろいろやらなきゃいけないことがいっぱいあるけど、今日は何にもせずにネットサーフィンばっかりやってしまった。でも、今日くらいはよし!
そして、もう寝る。

自分にお疲れでした!!
[PR]
by hanamericana | 2004-12-15 17:36 | american life

My Perm

You said
"It's about time you got rid of that perm"

So I will never show you my straight hair again.
[PR]
by hanamericana | 2004-12-14 16:40 | my mind

Nice to See You Again!

先週は忙しすぎて、めっきり日記をサボってしまった・・・。
大変なことも楽しい事も含め、いろいろあったのに。これから忘れないうちに書かねば。

今日は、前々から昔の留学先で一緒だった友達に会う約束をしていた。
彼女もパーカッショニストで、私が留学先のコンサートバンドに参加したときに
おどおどしている私を明るく迎え入れてくれた、とっても優しい女の子である。

今は学校を卒業し、ワシントン州の港に近いMontesanoという小さな街で、コンサートバンドの先生をしている。前々からそれが彼女の夢なのは知っていたので、彼女が夢をかなえたと知ったときは嬉しかった。
で、なんでまた今回会うことになったかと言うと、私が学校の宿題で、音楽関係の仕事に就いている人にインタビューせねばならず、たまたまその時メールをしていた彼女がその宿題に協力してくれたのをきっかけに、「いつでも遊びに来てよ」 「じゃあ行く!」と話が進んだのである。

彼女がいる街はシアトルから二時間。で、授業は9:30からときたもんだ。・・・ということは、私は7時過ぎには家を出なくてはならず、今日は相当早起きをした。起きれなかったらヤバいと思ってヒヤヒヤした。無事になんとか起きれて、急いで支度をして、いざ出発。久々の長距離ドライブだったので心配だったけど、(雨が多くて前見えなくて怖かった!)なんとか到着。感動の再会を果たした。なんと3年半振り!

ちょっと大人っぽくなった彼女は、もういっぱしの先生だった。その地域唯一のコンサートバンドディレクターなので、いろんな学年の生徒が次から次へとやってくる。
やっぱり中学高校となると成長著しい時期なので、変化がよく分かる。高校生はもう本当にでっかい。態度も生意気だ。でも、中学一年生(7th grade)の生徒は見た目にあどけなさがまだまだ残ってて、めっちゃめちゃかわいかった!!私を紹介してもらったときに「Hi」と言いながら手を振ったら、何人か振り返してくれた!演奏はまだまだだけど、でもみんな楽しそうに楽器を演奏していて、見ていて嬉しくなった。

お昼時間の間にいろいろと話をした。彼女は今の環境がとても気に入っているらしく、毎日充実しているみたい。良い事だ。
本当ならせっかく遠くまで行ったんだからゆっくりしたいところだったけど、彼女のおばあさんがかなり調子が悪いらしく、実家へ帰らなければいけなくなり、授業も早めに切り上げて帰ることになったみたいで、私もその時においとますることに。
でも、「またいつでも来て!」と言ってくれた。私のこの留学生活中にやりたい事の一つは、前の留学時にできた友達にもう一度会う事なので、こうしてまだ私のことを覚えていてくれて、連絡を取ってくれる友達がいてくれることがありがたい。

あともう一度くらいはチャンスがあれば遊びに来たいな〜。街自体は何にもないけど・・・(笑)。本当に会えて良かった!
ありがとう!
[PR]
by hanamericana | 2004-12-14 16:32 | american life