*hanamericafe*

hanamerica.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

Bye Bye, My Friend!!

あぁ、空港で人と別れるのって嫌だー。
友達や家族を見送ったり、逆に見送られたりすると、泣きたくなる。
ていうか、実際泣く。。

今日、いきなりやってきた私の大事な友、純奈が、日本へ帰って行きました。
来たーと思ったらあっという間に帰ってしまったので、今は心にぽっかり穴が開いてる感じ。

でも、久々に日本に居たときのこととか思い出して、観光もして、楽しかったー。
キケってる人と3人で、『バカ倶楽部』を結成。
これからも年甲斐なく、まだまだバカをやっていきます!!部員募集中。
(バカ度10であることが必須です)

来てくれて本当にありがとう、純奈!
気をつけて家に帰って、ゆっくり寝て、仕事頑張ってください。




はー、明日は私のマリンバの先生が私とダスティンのお別れパーティーを開いてくれます。
シアトルにいる皆様、これがきっと会える最後のチャンスになると思うので、ぜひぜひお越し下さい!
[PR]
by hanamericana | 2007-07-25 15:51 | american life

Trip to California!! (San Jose/San Francisco)

報告遅くなりましたが、行ってきましたカリフォルニア!
その旅日記です。

07/09/07 (Mon) Seattle - somewhere in Oregon/California

Dustinのお父さんに、かなり朝早くAmtrakの駅へ送ってもらう。
あまりに急いだおかげで、化粧ポーチをまるまる忘れ、ガックリ。
ただでさえ早く着いて、待ち時間長かったのに、列車は期待を裏切らず遅れてくれた。9:45am出発予定、11:00am出発。
車中の素晴らしい景色を眺め、本を読んだり、絵しりとりをしたりして過ごす。
(ここで、英語でしりとりをするととても大変ということに初めて気付く。みんな終わる文字がeとかrとかばっかり)

07/10/07 (Tue) somewhere in California - San Jose

寝づらい中無理矢理睡眠を取って(Dustinはでかいため相当つらかったらしい・・・
途中どっか他のところへ行って寝てた)、目覚めてカリフォルニアの乾いた景色を観ながら、
約26時間?の列車の旅の末、ついにSan Joseへ。

友達まさよちゃんに迎えに来てもらう。彼女の自転車はマジでかっこいい。
最高。自分も欲しい。
途中Japan Townに立寄り日本食をお腹いっぱい食べた。
サンノゼのバスは、シアトルのそれと違って、高い。1日パスがなんと$5.25。
そしてOne Wayは$1.75、さらにトランスファーがない。なので結局高く見える1日パスのがお得。

その後、観光名所のあまりないSan Joseでぶらぶら。
Japanese Gardenに行って、鴨の親子を追いかけまくる。かわいい!!
そしてその後、近くに住んでる友達、Duranが遊びに来てくれて、一緒にMexicanを食べた。マルガリータを頼んだら、めっちゃ強くて、ほんとーーーにひっさびさに酔っぱらった。

07/11/07 (Wed) San Jose

Dustinが昼まで爆睡。
まさよちゃんが大好きなMexican Bakeryへ。初めてメキシコのパンを食べた。
すごい甘いのかと思ってたけどそうでもなくて、パイ生地のやつとかすっごい美味しかった。
普通のメキシコのパンは、必要以上にぱさぱさしてた。
噂の、”歌をうたいながらパンを作る人たち”は見られず。でも、コーヒーはタダ。

その後、Winchester Mystery Houseへ。
ここは、昔ライフルを発明した会社として栄えたWinchester社の社長の奥さんが作ったとっても不思議な家。
なんとも、不思議な病気で社長と子供を失ったMrs. Winchesterは、
「これはきっと会社のライフルで命を失った霊たちの呪いだ」と恐れて霊能師?か占い師に相談したところ、
「死ぬまで家を建て続けないと、呪われる」と言われたからだとか。

どこへも行けない扉、途中で終わってしまう階段、Mrs. Winchesterしか入る事の許されなかった部屋、
玄関(アメリカ大統領でさえ入れなかったらしい)
・・・いろいろ見回って、1時間以上かかるくらい大きな家。ちょっと高かったけど、価値はあった!
ディズニーランドのアトラクションみたいで面白いので、オススメ!
いつかSan Joseに行くことがある方は・・・ぜひどうぞ。
Winchester Mystery House

夜はかなり美味しいThai Restaurantで食べた。まさよちゃんがウエイターに気に入られてて、デザート半額だった!

07/12/07 (Thu) San Jose - San Francisco

Dustinが大好きなLow Rider Bicycleのパーツを求めて、Flea Marketへ。
このメキシカン蚤の市、本当ーーーーーーーーにデカい!!もう、広すぎて敷地が見渡せないくらい。
でも、平日ということもあってか開いている店が少なく、残念。自転車屋さんもやってなかった。
私は、レトロなかわいい洋服が置いてあるお店を見つけて、買おうと思っていたんだけど、
ちょっと思っていたより高め。
でも、大体こういう屋台は値段がついてないし、交渉するのが醍醐味でしょ!と思って交渉へ。
でも、向こうには全くそんな気無し!「NO」の一点張り。
さらに、途中から割り込んで来たおっさんに「他の店で買うよりずっと安い」と言い張られ、説教される始末。
ムカついたので、何も買わなかった。商人精神の無い商売人は、嫌いです。

そして、ついにSan Francisco行きの駅へ。
まさよちゃんはいろいろ案内してくれて、ご飯まで作ってくれたりして、最高のホストでした。
ずっとバス移動だったので時間がかかって大変だったけど、それもまた旅のいいところということで・・・。
本当に、ありがとう!!
でも、今度はスケボー発祥の地、Santa Cruzに行きたいです(笑)
わざわざスケボー持っていったんだけど、行けなかったので。

07/12/07 (Thu) San Jose - San Francisco

CalTrainという電車に乗って、いざサンノゼを離れサンフランシスコへ!
ここでもギリギリ目の前でホームを間違え電車を逃すが、まぁーいいってことよ。
いっぱいホームあるのに、次どこに電車来るとかどこにも書いてないでやんの。さすがアメリカ。
約1時間半の移動の後、ついにサンフランシスコへ到着!一気に都会。
Dustinのおじさんに迎えに来てもらう。おじさんのアパートも、これまたクール!!
狭いことは狭いんだけど、所狭しとおじさんの創作意欲が詰まった、収納ぎっしりの工夫されたかっこいい部屋。
(なんとベッドが壁の方へ跳ね上がって、ベッドルームがリビングルームに早変わり!)
そこいら中に芸術品やら楽器やら。ステキ。
荷物を置いた後は、ご飯を食べに。これまた日本食。またたらふく食べた。
さしみ、うま〜〜〜い。
その後は近辺をブラブラ歩く。
途中大きな公園があって、そこで一休みして、サンフランシスコの街を一望しながら、夕焼けを眺めた。
きれいだったー。ここにはかわいいワンちゃんがいっぱいで、写真撮りまくってしまった。

07/13/07 (Fri) San Francisco

この日は一日観光!おじさんにいろんな所に連れてってもらった。
サンフランシスコはともかく、家やアパートがひしめきあってるんだけど、日本みたいに嫌な感じじゃなくて、
街全体がかわいい!!色も、形も。アメリカのどの街とも違う。外国にいるみたいな気分になった。

c0000875_15415429.jpg


まず連れていってもらったのは、1900年代初めに作られたという、とっても素敵なPalace of Fine Arts。
古いものが大好きな私は、一気に魅せられてしまった。まるでイタリアかギリシャの建物みたい。
すっごくきれいで、素敵だった。これが住宅地の中にいきなり現れるところがすごい。
昔はその辺一帯にいっぱいそういう建物があったらしいんだけど、壊されちゃったんだって。
残念。池では白鳥も見たよ。

そして、ちょっとペットの古いお墓を見て(なんかかわいかった)、Golden Gate Bridgeをちょこっと拝見。実際に見れて嬉しかった。

c0000875_1543131.jpg


c0000875_15441354.jpg


その後はDowntown - Chinatownへ。もっとすごい”中国”なのかと思ってたけど、そこまででもなかったかな。
でも、広かった!サンフランシスコは、ChineseがMajorityなんだそうな。
奥の方へ行くと、中国みたいな感じだったかな。Dustinはここでコレクションの箸を増やす増やす。
この後みんな疲れたので、ご飯を食べに一度おじさんの家へ戻った。
で、おじさんおすすめのChinese Restaurantへ行ったんだけど・・・ここ、激ウマ!!!
今まで食べた中華料理の中で、3本の指に入ると言ってもおかしくないくらい、うまかった。
感動。小さい、しかもChinatownの中にない店なのに。ビックリ。

ここで・・・昔の記事に私が中華を食べたあとのフォーチュンクッキーに、2枚フォーチュンが入ってた、
という話をしたのを覚えてますでしょうか・・・

今回、それを超えてしまったんです。
また、フォーチュンクッキーをかじって、中はまだ見ず、手で引き出してみたら・・・
「あれ・・・なんか多くない?また」

「3枚!!!!!」

はい、今回3枚入ってました。なんでだろ?(笑)
しかも全部いいコト書いてあったので、幸せ3倍でした。

その後はFishermans Wharfへ。シアトルのWater Frontのような感じ。
小さなお店やレストランがひしめきあった所。
そこでは、昔(1900年代)のゲームを集めたテントみたいな所に入って、3人で遊びまくり!
単純なゲームの多い事。25セント入れて、人形が踊るのをただ見るとか・・・(笑)
昔のポルノ写真?とか、からくりピアノとか。楽しみました。

そしておみやげを有名なチョコレート店Ghirardelliで買って、戻ったらもうヘトヘト。

少し休んでから、夕飯を食べに。ここもおじさんのオススメのクレープ屋さんへ!
クレープと言っても、あのデザートのような甘いクレープだけじゃなく、”ご飯”のクレープメインのお店。
私は”San Francisco"っていうサーモンとほうれん草のクレープを食べたんだけど、
これが、めっっっっっっっっっっっっちゃ美味しかった!!!おじさん、すごすぎる。
見事ハマりました。シアトルにもあればいいのにー。

その後またDuranが遊びに来てくれて、おじさんの家の周りをぶらついていたんだけど・・・
ここで、一世一代?!の事件発生!!

うちらが歩いている道の反対側に、車で音楽にノッているギャングたちを発見。

そのギャングたち、道端の黒人に何かを言う。

その直後、ものすごく大きな音が!!

パン、パン!!!!!!!



「え、花火??何?!」

と一瞬ビックリして何がなんだか分からなかったんだけど、それは、まぎれもない、本物の銃。
あまりにうるさくてビックリしすぎて、動けませんでした。
それが、黒人は車のほうに向けて撃った=うちらは道の反対側にいる=銃はうちらの方へ

てなわけで、うちらはもろ銃の矛先の延長戦にいたわけです。当たってもおかしくなかった・・・と考えたら、みんな一気に恐くなって、そのまま帰宅。

アメリカにいてここまで危ない経験は初めてだったので、やっぱりここは危ないとこなんだな・・・って、改めて実感。。
何もなくて本当に良かった・・・。

07/14/07 (Sat) San Francisco - Seattle

朝はパッキングをして、朝ご飯を食べに海の近くのレストランへ。おいしいエビオムレツをいただきましたっ。
その後はおじさんのboyfriend(San Franciscoはゲイ率のものすごく高い街です)に会いに行って、4人で散策。
海岸にある、昔のプールの跡を見た。遺跡っぽくて、かっこ良かった。洞窟に入ったり、がけにちょっと登ってみたり。

c0000875_15471092.jpg


この日は、霧がものすごくかかってて、周りが見えず。
今までずっといい天気だったのでビックリだったけど、おじさんいわく、
この天気が普通のサンフランシスコの夏なんだそうな。

そんなこんなで、出発の時間に。
Dustinのおじさんは、私まで家族のように接してくれて、本当に優しくて感激でした。
私もおじさんのように誰にでも優しく接することのできる人になりたいと思いました。
ありがとうございました!!

そして、帰りは空路でひとっとび。列車であんだけ時間かかってたのが嘘のように、あっという間でした。

今回は、長くはない旅の中で、人の暖かさを身にしみました。
本当にありがとう!!

長くなってごめんなさい。って、ここまで読んでくれた人、いるんだろうか。
もしそうだったら・・・ありがとう!
[PR]
by hanamericana | 2007-07-25 15:48 | travel