*hanamericafe*

hanamerica.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 05月 ( 1 )   > この月の画像一覧

What I Have Been Thinking

去年日本に着いた日に地震に遭遇してから、いろいろあった。
いろんな情報が交錯していて、何を信じたらいいのか分からなかった。
だから、心配だったけど、「大丈夫です」という人たちの言葉を信じて普通に生活してしまっていた。

でも、夏に日本を離れてアメリカに戻ってきてみて、冷静になって考えてみたとき、
やっぱりそれは間違っていたんじゃないかって思い始めた。

どの情報が正しいのかなんて、今でも分からない。
でも、ただ周りの人が普通の生活をしているから大丈夫、テレビで大丈夫って言ってるから問題ない、じゃいけないんじゃないだろうか?

自分なりにいろいろ調べてみて思ったことは、やっぱり「子供は大人が守るしかない」ということ。
大人は少なからずとも情報が分かり、自分で調べることができ、判断ができる。
だから、自分が決めたことには責任を取れる。

でも、子供にはそれができない。周りにいる大人がきちんと判断して守ってあげなかったら、危険な目に遭い続けてしまう。


最近ソーシャルネットワークで、瓦礫受け入れ署名へのリンクを載せました。
説明もなしにそれだけだったので、私がただ闇雲に反対していると思い、不快に思われた方もいるかもしれません。だとしたら、ごめんなさい。
私は私なりにいろいろ考えて、今の時点では反対すべきと思っています。なので、一応それを説明しようと思い、今日は日記を書こうと決めました。
決して、「自分がアメリカにいて、関係ないと思っているから言いたい事言っている」わけではありません。日本の大切な家族、友達のことを考えてのことだ、ということをご承知ください。

文章下手ですし、長くなりますが・・・。リンク先を見てもらえると嬉しいです。

いろいろ理由はあるけれど、よくまとめられているのはこちら。
誰にでも理解できる「瓦礫の広域処理が許されない12の理由」
もう騙されない(○`ε´○)ノ 「ガレキ広域処理 6つのウソ」

こういう意見もありますが・・・。
震災がれき 岩手県陸前高田市と岩泉町の場合

この動画も見ました。
モーニングバード!「ガレキは本当に広域処理しないといけないの?」


私個人的には、被災地にいる方達に一日でも早く普通の生活を取り戻して元気になってもらいたいと、心から思っています。本当に。
でも、いろいろ調べていくと、本当に拡散させる意味がよく分からないし、利権のためだけなんじゃないかっていう疑問ばかりが浮き上がってきたんです。
しかも、本当に安全かどうかなんて、きちんと証明されていません。

政府は、「絆」っていう言葉を悪用して、放射能を全国にばらまこうとしているとしか思えないんです。
将来福島で増えるであろう放射能の被害を全国に広めて、責任を逃れるための布石だ、と言っている人もいます(それは大げさなのかもしれませんが)。

子供は放射能の被害を大人よりも受けやすく、体に取り込まれた放射能は濃縮されて、体に留まると聞きました。

被災地に親戚がいたり、被災地出身だったり、っていう友達がいるので、その友達を傷つけたくないのももちろん事実です。
でも、「瓦礫で痛みを分け合う」っていうのは、間違っていると思うんです。それで放射能の被害に遭いやすいこどもたちが5年後、10年後に体調を崩したりしたら、その一人ひとりに責任取れるんでしょうか。政府がその時知らぬ顔をするのは、目に見えています。

瓦礫の拡散によってその自治体に入る巨額なお金を、被災者の方達が被災地から避難して自立するための資金に回したほうが、よっぽど彼らのためになるんじゃないだろうか?

と、私は考えてしまったわけです。そんなにうまく簡単に話がまとまるわけがないのは、百も承知なのですが。。

逆に、本当にきちんとした調査をして(ガイガーカウンターをかざすだけのパフォーマンスでなく)、汚染されていないと判断された上で、被災地の多くの人たちが望むのならば、どんどん助け合っていけばいいと思います。

でも、今、こんな中途半端な状態のまま話を進めるのは間違っていると、私は思いました。


地震は天災だから、防ぐことはできない。でも、その後のことは、人災。
その人災のおかげで、自分が生まれ育った街が今までと同じじゃないと考えると、悲しくてなりません。
おじいちゃんおばあちゃんや親戚が住んでいる街も、放射能の被害を受けています。
もうこれ以上、被害者を増やさないで欲しい。

チェルノブイリの事故と比較すると、東京あたりの人たちも避難するべきらしいです、本当は。
でも、強制されなければ、それを実行するのはとても難しいと思う。
自分だって、きちんとした仕事と家があったら、それを全て捨てて一から知らない場所でやり直すのは相当な勇気がいるだろうなと思う。

だから、もしもそこに留まる決断をするなら、なるべく被害の受けていない食べ物を選ぶ、マスクをして外に出る、などの防御をして、内部被爆をできるだけしないようにする。子供をできるだけ守る。っていうことを最低でもしなければいけないと思うんです。
(もちろん、それと同時に風評被害を受けている農家、酪農家の人たちを国がきちんと保証してあげなければいけない!そのための増税だったらそれこそ助け合いだから、どんどんすればいいと思う。)

一人でも多くの人たちが元気でいることが明日の日本の復興につながるのだから、自らしなくていい被爆を受ける必要はないと思います。そして、将来の日本を支えるこどもたちを、今の大人がきちんと守って、育てていかなければと思うんです。


・・・すっかり長くなってしまったので、ここまで読んでもらえているかどうか分からないけれど、これが今の私の意見です。

ちなみに・・・私がこういう意見を持っているからと言って、これに反対の人の意見を曲げようとは全く思っていませんので!(敵対意識など、ゼロです!)
ただ、今まで真剣に考えていなかった人がいるなら、少しでも考え始めてもらいたいと思って、これを書きました。


もちろん、これまで自分が調べた情報が全て正しいなんてちっとも思っていないし、自分で直接見たり聞いたりしたものでなかったら信じきってはいけないというのも分かっています。
きれいごとかもしれないけれど、少しでも多くの人が発言することによって、日本が少しでも良い国になれることを、心から願っています。
[PR]
by hanamericana | 2012-05-24 10:37 | my mind